パワーのある食材、三河赤鶏

「やきとり風月 名駅店~ふうげつ めいえきてん~」は名古屋市中村区、
地下鉄桜通線「国際センター駅」4番出口から徒歩約2分のビルの3階にございます。
素材の持つ力を探し求めて出会ったのが、地元の愛知県で生産されている三河赤鶏。
緑が美しい豊かな自然と、澄んだ水に恵まれた環境の中で、大切に育てられた三河赤鶏は、
しっかりとした肉質で、コクがあり、やわらかな食感をお愉しみいただけます。

丸鶏仕入れにこだわる理由

流通量が少ない三河赤鶏を精肉ではなく丸鶏で
仕入れることで、モモや手羽先などのメジャーな
部位だけでなく、希少部位もご提供することが
できます。
取り扱うのは20種類以上の希少部位。
余すことなく愉しんでいただけます。
また、店主自ら生産者のもとを訪ね、味の濃さと
肉の食感のバランスが良くなるよう、
飼育日数にもこだわり、鶏の大きさまで指定して
仕入れをしている三河赤鶏。
地元の鶏であることから新鮮な状態でご提供でき
ることも魅力の一つです。

串打ち

の方におすすめする風月のコース

暖簾

暖簾をくぐるとそこには和モダンな空間が広がります。
木の温かみを感じる、隠れ家のような「やきとり風月 名駅店
~ふうげつ めいえきてん~」で、美味しい焼き鳥とともに
ゆったりとした時間をお過ごしください。

カウンター

こだわり

旨味×旨味

塩

昆布の旨味成分と鶏の旨味はとても相性が良く、
旨味の相乗効果で焼き鳥の味をぐっと引き立てま
す。

焼

焼き手の技量が問われる「強火の遠火」。
焼き上がりが早く、一度に大量に焼けないことから、難しいとされていますが、当店では焼き鳥を美味しい状態で食べていただくために、実現させています。
ネタに応じて炭の温度を変化させながら丁寧に焼くことで、鶏本来の旨味を味わえます。すべては長年培われた店主の手の感覚から。

焼き

タレ

継ぎ足しで作るタレ。
サラリとしていて味わい深いタレのベース
には、100年以上続く老舗の醤油店が作る、三重県の醤油「はさめず」を使用しています。

タレ

の焼き鳥を、特等席のカウンターで

やきとり

焼き鳥店ならではの臨場感を味わうことができるカウンター席は、全部で8席。
焼き立ての美味しい状態で召し上がっていただきたいからこそおすすめするカウンター。
目の前で焼かれる焼き鳥の、香ばしい香りと音も味わいに加え、焼き上がりを待つ時間もお愉しみください。

美味しいお酒とともに…

焼き鳥と酒

「やきとり風月 名駅店~ふうげつ めいえきてん~」では、一本一本の串に想いを込めて、丁寧に焼き上げております。
外はパリッと、中はジューシー。店主の技とこだわりが詰まった焼き鳥は、お酒との相性も抜群です。

焼き鳥がススムお酒

きとり風月を存分に楽しむコース

当店では初めてのお客様には「やきとり風月 名駅店~ふうげつ めいえきてん~」を知っていただくために、三河赤鶏と名古屋コーチンを食べ比べられる3,900円(税別)のコースをおすすめしております。
事前予約で味わえる、日本三大地鶏の名古屋コーチンづくしの5,900円(税別)のコースもぜひお愉しみください。

だと存分に楽しんでいただけます

最上部へ